うつ病ライブラリーDEPRESSION LIBRARY

うつ病の接し方

うつ病の正しい知識を持ち、
患者に
寄り添っていくために
その心構えをご提案します。

うつ病への理解とサポート体制をつくる

■サポートの基本■

近年はだいぶ改善されてきましたが、うつ病に対する誤解はまだまだ解けていないのが現状です。
ただわがままを言っているだけにも見えることから、「うつ病=甘え」だと勘違いしている人も少なくありません。
このような誤解が、うつ病患者の治療を妨げています。現在では、うつ病は特別心の弱い人がかかるものではなく、脳内のホルモンバランスが乱れることにより発症する病気であるという説が最有力です。
周囲の理解と協力を得て、うつ病患者の治療をスムーズに進めるためには、どのようなことが必要でしょうか?

まずは本人が理解する

周りが理解するより先に、本人がうつ病について理解することが大切です。うつ病について「心の弱い人の病気」といったような誤解を持ったままだと、うつ病だと告げられたとき、「うつ病にかかった自分は情けない」という気持ちになってさらに病状を悪化させる可能性があります。

そのため、患者本人が医師の話をよく聞き、うつ病は治る病気であると知ることが大切です。

周りが理解を深める

本人が自分の病気に向き合い、うつ病を治すために主体的に動けるようになっても、周りの無理解が患者を傷つけてマイナス思考に戻してしまう可能性があります。周りの人たちも、うつ病についてしっかり理解することが必要です。

家族

うつ病を発症すると、多くの場合は仕事や学校を休んで自宅で療養することになるので、家族がうつ病について理解することはとても大切です。家族が理解せず、間違えた対応を続けてしまうと、うつ病の症状は改善しないばかりか悪化していく危険性があります。

まずは、患者と一緒に病院へ行き、うつ病の説明を受けましょう。うつ病を発症すると何もかもをネガティブに捉えてしまい、医師の話を聞いても患者は正しく理解できない可能性があります。そのフォローをするためにも、家族が治療や対応について知るようにしましょう。

ただし、病院へ付き添うのだとしても、話せるようであればできるだけ患者本人が医師と話をするのが望ましいことを覚えておきましょう。そうすることで、本人が現状を把握しやすくなるからです。話すのが辛そうであれば無理には促さない、という調整も必要です。病状が回復し、本人にその意志があるなら、患者だけで診察に行かせることを視野に入れても大丈夫です。

職場

うつ病治療のためには十分な休息が必要ですが、職場に迷惑をかけてしまうことがうつ病患者のストレスとなることがあります。そのため、その人を守る立場にある上司が率先して理解を示してあげることが大切です。

現在はうつ病への理解もある程度進み、従業員の多い会社には年に1度のストレスチェックが義務付けられるなど、サポート体制はかなり整ってきています。しかしそれだけでは足りません。従業員に理解が浸透していないと、休んでしまううつ病患者に非難の目が向いてしまう可能性があります。その空気が復職時にまで続くと、うつ病が再発してまた休職が必要になるかもしれません。

上司が理解を示してうつ病の正しい知識を社内に広めれば、うつ病患者はスムーズに復職できるでしょう。また、業務内容が負担をかけていなかったかどうかを調査し、見直しておくことも大切です。

学校

かつて教科書にはうつ病の間違った知識が載っており、それを一斉に削除してしまった背景から、現在の保健・体育の教科書には精神疾患についての記述がありません。そのため、教師から積極的にうつ病のことを勉強し、生徒に伝えていくことが大切です。

クラスメイトがうつ病で休んでしまうと、その人を心配する気持ちから、「がんばれ!」「みんな待っているよ!」といったメッセージを送りたくなることがあるでしょう。それが善意によるものだとしても、励ましの言葉はうつ病患者の負担となります。がんばりたくてもがんばれない、みんなに心配をかけている自分が情けない、と考えてしまうのがうつ病だからです。

うつ病で休んでいるクラスメイトに対しては、基本的にはそっとしておくのがいいでしょう。電話やメールも負担をかける可能性があるため、どうしても伝えるべきことがあるなら直接会いに行き、まずは患者の保護者に相談してください。

まとめ

うつ病とは、本人の気持ちと関係なく、何か行動をしたり考えたりといったことが正常にできなくなる病気です。「仕事や学校のことは気にしなくていい」と患者に思ってもらうことが、症状の早期改善につながります。そのためには、周りの人たちがうつ病のことを正しく理解していくことが大切です。