うつ病ライブラリーDEPRESSION LIBRARY

うつ病の種類

原因や症状の出方などによって
異なる、
うつ病の代表的な
種類についてご紹介します。

双極性障害

うつ病になると、長期間気分が落ち込む抑うつ状態に陥ります。
この抑うつ状態はずっと続くわけではなく、調子が良い日には気持ちも楽になります。
しかし、異様に気分が高揚したり、不自然なくらい調子が良くなることがあれば、それは単なるうつ病ではなく双極性障害かもしれません。
ここでは、双極性障害の特徴や症状などについてご紹介します。

双極性障害の特徴

双極性障害は、気分が異常に高揚し普段では考えられないような行動をとってしまう躁状態と、抑うつ・意欲の低下などのうつ状態を繰り返す精神疾患です。躁状態やうつ状態が続く期間は数カ月から数年と差があり、どちらでもない状態の期間もあるため診断の難しい病気です。

双極性障害には激しい躁状態が起こるⅠ型と、比較的軽度の躁状態が起こるⅡ型があります。双極性障害は社会生活に大きな支障をきたす病気ですが、薬によるコントロールなど正しい治療を行えば症状を抑えることができます。しかし放置してしまったり、治療を途中で放棄してしまうと、症状が悪化したり、再発してしまう可能性の大きい病気でもあります。

双極性障害の症状

双極性障害の特徴は、その症状にあります。

躁状態

Ⅰ型に見られる躁状態は、異常に気分が高揚している状態をいいます。躁状態になるとほとんど眠らずとも平気で活動し続け、1日中しゃべりまくり、手当たり次第色んな人に話しかけて周囲を困惑させます。仕事にもエネルギッシュに取り組み、新しいアイデアも次々湧いてきますが、集中力に欠き、最後まで仕上げることができません。

気持ちが大きくなって手当たり次第に買物をしたり、物を壊したり、社会的に逸脱した行為をとってしまいます。自分には特別な能力があるといった誇大妄想を抱く場合もあります。イライラして怒りっぽくなることもありますが、本人はたいてい気分がよく、躁状態の自覚がないことがほとんどです。

躁状態ではこうした、社会的信用を失うなど家庭や仕事において深刻な影響を及ぼす激しい症状が1週間以上続きます。

軽躁状態

Ⅱ型に見られる軽躁状態は、躁状態ほど生活に大きな支障をきたさないのが特徴です。短時間の睡眠でも活発に動き回り、人が変わったように明るくハイな状態になります。人間関係にも積極的になり、いつもよりもおしゃべりになりますが、過剰と思われる場合もあります。

Ⅰ型と同じように本人に自覚がなく、また周囲にもそれほど迷惑がかからないため、「いつもよりも調子がいい」という程度の認識で済ませてしまいます。軽躁状態では、そういった状態が4日以上続きます。

うつ状態

双極性障害のうつ状態は、鬱々とした気分が何日も続いたり、何に対しても喜びや楽しみを見いだせなくなるなど、ほぼ大うつ病性障害の症状と同じものとなります。双極性障害の場合は、大うつ病性障害に比べ過眠・過食、幻聴や妄想が多い傾向があるようですが、明確な区別はできず、躁状態の有無が診断の大きな基準となります。

ただし軽躁状態は「たまたま調子がよかっただけ」と思い、症状の申告から漏れることも多いため、うつ状態になる以前やうつ状態の最中に少しでも躁状態の症状があった場合は、医師に申告することが大切です。

混合状態

躁状態とうつ状態、両方を有している状態を混合状態といいます。体上は活動的であるのに鬱々とした気分である場合は自殺の危険性が高まるため、注意が必要です。

まとめ

双極性障害は躁状態とうつ状態を繰り返す精神疾患です。大うつ病性障害と症状が重なることが多い病気のため、なかなかうつ病が治らないと思っていたら実は双極性障害だった、というケースもしばしば見られます。

大うつ病性障害に効く抗うつ薬が双極性障害では症状の悪化を招くなど、治療において大きな違いがあるため、正しい診断が必要です。軽躁状態は「たまたま調子がいいだけ」と見逃されやすいため、過去に躁状態があったかどうか、家族や友人など周囲の人に相談するなどして、よく考えてみる必要があります。