うつ病ライブラリーDEPRESSION LIBRARY

うつ病の種類

原因や症状の出方などによって
異なる、
うつ病の代表的な
種類についてご紹介します。

退行期うつ病

従来型のうつ病は中高年が、新型のうつ病は若年層がかかりやすいということで、うつ病に注意しなければいけない年代は随分と広がっています。
では更に上の年代は大丈夫なのとかいえば、実は高齢者がかかりやすいうつ病というものもあります。
これは退行期うつ病と呼ばれるもので、老齢期に差し掛かる頃に発症しやすいとされています。
ここでは、退行期うつ病の特徴や症状についてご紹介します。

退行期うつ病の特徴

退行期うつ病は、60~65歳くらいの老齢期に差し掛かる頃にかかりやすいうつ病です。初老期うつ病や更年期うつ病とも呼ばれます。

退行期うつ病の特徴は、いわゆる仮面うつ病同様に身体的な症状が強く表れるということです。高齢者のうつ病は精神的な症状が身体的な症状に置き換えられやすいため、より顕著に表れます。

更に退行期うつ病の厄介なところは、患者が精神疾患であることを容易に認めないことが多い、という点です。

身体的な症状のあるうつ病の治療では、身体の痛みとうつ病を関連付けて考えることで、治療満足度が向上するというデータがありますが、退行期うつ病の場合はこの痛みとうつ病の関係を正しく理解するまでに時間がかかることが多いため、結果的に治療がうまくいかないこともあるのです。

退行期うつ病の症状

退行期うつ病の症状では、以下のようなものが代表的です。

抑うつ気分

退行期うつ病の場合も、一般的なうつ病同様に抑うつ症状は表れます。しかし、その程度に関しては仮面うつ病同様に低く、あまり強く表れることはありません。そのため、意気消沈して行動する気力もなくなる、といった状態にはならず、むしろ活動自体は活発に行うことができます。

不安や焦り

退行期うつ病では、不安や焦りといった感情が強く表れます。この時期のうつ病は大切な人との別れや退職して社会的な地位を失うなど、様々な喪失によって引き起こされることが多いものです。そのため、そういった喪失に対する不安や焦りは大きく表れます。この喪失感は、たとえば今までできていたことができなくなるなど、自分自身の能力に関しても当てはまります。

また、年齢が年齢であるため様々な病気の心配もあり、些細な身体の違和感・不調でも気にするようになります。これも、不安や焦りへとつながります。不安や焦燥感は、うつ病が進行すると絶望感や被害妄想へと発展することもあるため注意が必要です。

身体的な症状

仮面うつ病同様、退行期うつ病でも身体的な症状が強く表れます。多くの場合で、まず内科を受診し、そのあと内科の医師から精神科を紹介されます。原因が特定できない不定愁訴がほとんどで、その症状は多岐にわたります。主なものでは、頭痛や腰痛、舌痛、消化器系の違和感、頻尿、耳鳴り、めまい、手足のしびれなどが挙げられます。特に病気などではなく、老齢期に差し掛かる辺りからこのような症状が出始めた場合には、うつ病を疑いましょう。また、心筋梗塞など身体の病気からうつ病に発展することもあるため、大きな病気のあとも要注意です。

まとめ

高齢者は身体の不調を訴えることも多いため、単に調子が悪いのか、それとも退行期うつ病なのかの判断が難しいものです。こういった訴えが続くと、周囲の人も「またいつものか」と軽く受け止めてしまいがちです。また、身体的な症状によってつらい思いが続くと、仕草や口調が依存的かつ子供っぽくなることがあります。これに振り回されると家族も真剣に取り合わなくなり、結果としてうつ病は悪化してしまいます。

患者は痛みがうつ病と関係していることをきちんと理解する、周囲の人は身体の不調だけでなく精神的な症状がないかをきちんと確認することで、退行期うつ病を早期に治療することも可能です。