うつ病ライブラリーDEPRESSION LIBRARY

うつ病の種類

原因や症状の出方などによって
異なる、
うつ病の代表的な
種類についてご紹介します。

大うつ病性障害

うつ病にはさまざまな種類があり、そのなかのひとつに「大うつ病性障害」があります。一般的に「うつ病」という言葉からイメージされるのが、この大うつ病性障害です。
大うつ病と聞くと何か特別な症状があるのかと考える人もいるかと思いますが、うつ病のなかでは最も基本的な症状です。
ここでは、大うつ病性障害の特徴やその症状などについてご紹介します。

大うつ病性障害の特徴

大うつ病性障害はうつ病性障害のひとつで、最もよくみられるタイプのうつ病です。大うつ病性障害だと診断される基準には、「大うつ病エピソードを満たしていること」が挙げられます。

アメリカ精神医学会が発行しているDSM(精神障害の診断と統計マニュアル)では、大うつ病エピソードの診断基準として9つの症状が定められています。抑うつ気分と興味・喜びの喪失は必須症状で、最低どちらか1つが認められる必要があります。これを満たした上で、残りの7つの症状のうち5つ以上が認められると、大うつ病性障害だと診断されます。

ただし、気分が病的に高まる躁病エピソードや程度がやや軽い軽躁病エピソード、あるいは躁とうつが混在している混合性エピソードがみられた場合には、大うつ病性障害とはみなされません。また、大うつ病性障害のなかにも単一エピソードと反復性の2種類が存在していて、それぞれ大うつ病エピソードが存在している数によって分類されます。

大うつ病性障害の症状

大うつ病性障害の症状では、以下のようなものが代表的です。

抑うつ状態、興味・喜びの喪失

抑うつ状態や興味・喜びの喪失は大うつ病エピソードの最たるもので、基本的な症状です。抑うつ状態は、憂うつや空虚な気分、不快感など、マイナスな感情が表れている状態です。興味・喜びの喪失は、今まで楽しんでいたものに興味がもてなくなる、好奇心がなくなる、性的関心が希薄になるなどの症状があげられます。これらの症状は朝から日中にかけて表れることが多く、また2週間以上続きます。

焦り・思考制止

焦りと感情の抑制は一見正反対の反応にみえますが、大うつ病性障害ではこのどちらもみられます。一方だけが表れたり交互に表れたり、同時に表れたりとそのパターンはさまざまですが、ほとんど毎日こういった症状があります。焦りでは足踏みをしたりじっと座っていられなかったり、髪をかきむしったりといった行動がみられます。思考制止では、考えが浮かんでこなかったりまとまらなかったり、無口になったりといったことが考えられます。

平常時では考えられない極端な思考

自分に対する無価値観や悲観的な思考、罪責感などは、健康な人でも少なからず感じることはあると思います。しかし、大うつ病性障害にかかった場合には、こういった思考が病的なほどに激しくなります。毎日無価値感を覚えたり必要のない罪責感、強い劣等感に苛まれます。

「死にたい」と思う気持ち

自殺願望や希死念慮といった、死にたいと思う気持ちが強くなるのも大うつ病性障害の特徴です。自分が周りに迷惑をかけている、生きていても意味が無いといった思考からこういった考えが生まれることが多く、実際に自殺の計画を練って具体的な準備を進めるなど、自殺企図にまで発展することもあります。

睡眠障害や体の痛み

大うつ病性障害は心の病気ですが、睡眠障害や体の痛みのように体的な症状も表れます。睡眠障害では、寝入りが悪くなる入眠障害、ちょっとした物音でも目が覚めてしまう中途覚醒、ごく短時間で目が覚めてしまう早朝覚醒、十分な睡眠を取ったはずなのに日中に眠くなってしまう過眠障害などがあります。体の痛みは頭や肩、腰、背中、手足など全身に表れます。また、痛みとまではいかないまでも、倦怠感やしびれ、食欲不振といった症状も表れます。

まとめ

一般的に、「うつ」という言葉からイメージされる症状や病態は、この大うつ病性障害に基づくものです。これまでに経験したことがない人はどこか他人事のように思うかもしれませんが、若年層から中高年まで幅広くかかることのある病気であるため、油断することはできません。

気分が落ち込んだり何も考えたくなくなったり、死にたいと思うことは誰にでもあります。しかし、もしこういった状態が長期にわたって続いているのであれば、大うつ病性障害の可能性も視野に入れ、精神科や心療内科、カウンセリングなどを利用してみましょう。