うつ病ライブラリーDEPRESSION LIBRARY

うつ病の種類

原因や症状の出方などによって
異なる、
うつ病の代表的な
種類についてご紹介します。

マタニティーブルーと産後うつ病

出産は、夫婦にとってとても大きなイベントです。
家族が増えることで苦労することもありますが、それ以上の幸せを感じることができます。
そんな風に家族にとっては喜ばしい出産ですが、実は出産をきっかけにマタニティーブルーといううつ病様の症状に陥ってしまうことがあります。
マタニティーブルーは産後うつ病としばしば混同されますが、実はこの2つは異なるものです。
ここでは、マタニティーブルーと産後うつ病の特徴や、症状などについてご紹介します。

マタニティーブルーの特徴

マタニティーブルーの特徴は、出産後すぐから2週間後にかけて発症することです。マタニティーブルーは女性の体内でホルモンバランスが乱れることによって起こるので、10日から2週間もあれば少しずつ体の状態と気持ちが安定し、新しい生活や育児への意欲が湧いてきます。マタニティーブルーの最中は、ゆっくり体を休めることが先決です。

マタニティーブルーの症状

  • わけもなく悲しい気持ちになる
  • 涙もろくなり、些細な事で涙を流す
  • 将来に対して不安な気持ちを抱く
  • 育児や生活に対して意欲が湧いてこない
  • 不安感から眠れなくなる

マタニティーブルーは情緒不安定と不安感が強く、不眠を訴える場合もあります。家族が言った些細な一言がいつまでも気になって仕方なくなったり、これから自分が赤ちゃんを育てていけるのかという不安で押しつぶされそうになったりと、産後の女性はデリケートになっています。

マタニティーブルーは2週間程度で緩和されるので、気分が落ち込んでいる間はできるだけ周囲にサポートしてもらい、みんなで楽しく育児ができる環境にしてみましょう。パートナーはもちろん、互いの両親からの協力もあると心強いでしょう。

産後うつ病の特徴

産後うつ病は、産後2、3週間後から3カ月の間に育児ストレスを引き金にして発症することが多い症状です。マタニティーブルーとは違い、時間が経っても症状が収まるということはありません。大うつ病と同じような抑うつ症状がみられ、治療が必要になります。マタニティーブルーから産後うつ病へと移行するケースもありますが、稀にしか起こりません。

産後うつ病の症状

  • 不安感を覚える
  • イライラする気持ちが高まる
  • 子供がちゃんと眠っているのに、自分は眠れない(不眠)
  • 食欲がわかない、もしくは気晴らしのために暴食する
  • 育児や生活の小さな失敗で罪悪感を感じ、自分を責める
  • 出産前に好きだった趣味を楽しむことができない
  • 生きている意味を見いだせない
  • 育児や家事、身だしなみなどをする意欲がわかない

産後うつ病の症状はほとんどが大うつ病の症状と同じです。子供の泣き声にイライラしてしまったり、赤ちゃんの成長や発達を必要以上に心配してしまうなど、抑うつ症状が育児に関連するところでみられます。

うつ病の治療に用いる抗うつ剤は、赤ちゃんへの影響を考慮して産後うつ病の治療にはあまり使用しません。しかし、産後うつ病の症状が中程度、もしくは重いものになってしまった場合は、やむを得ず抗うつ剤を使うことがあります。

まとめ

マタニティーブルーと産後うつ病の違い、それぞれの特徴と症状についてご紹介しました。マタニティーブルーは産後すぐから2週間程度で発症し、時間とともに緩和される症状です。気持ちを分かち合える友人や周囲の理解があれば、マタニティーブルーを乗り越えることは難しくないでしょう。

しかし、産後うつ病は時間が経つほどに症状が悪化していきます。産後うつ病を放置しておくと、幼児虐待や親子心中といった最悪の事態を招くことにもなりかねません。母親を通じて赤ちゃんにもストレスを与えてないためにも、産後うつ病に気づいたら早めに医師に相談しましょう。