うつ病ライブラリーDEPRESSION LIBRARY

うつ病の種類

原因や症状の出方などによって
異なる、
うつ病の代表的な
種類についてご紹介します。

気分変調性障害

人より落ち込みやすく、物心ついたころから自分のことを好きになれない。
自分に自信がなく、何かをしてもうまくいくとは思えない。
このようなマイナス思考は性格や考え方によるものだとされることが多く、あまり深くは考えられないものです。
しかし、こうしたマイナス思考は、実は性格や考え方だけの問題ではありません。
気分変調性障害という精神疾患によって引き起こされている場合があり、きちんと治療を行えば改善できるものもあるのです。
ここでは、気分変調性障害の特徴や症状などについてご紹介します。

気分変調性障害の特徴

気分変調性障害の症状は、一日中気分が冴えない、軽度の抑うつ症状が2年以上に続くことが特徴です。軽度の抑うつ症状を、幼少期から10年以上抱えていたというケースもあります。気分変調性障害は長い間性格の問題として扱われ、精神疾患として治療をされないこともありました。もちろん、現在では他の精神疾患と同じように治療され、気分変調性障害から回復したケースも多く存在します。

気分変調性障害は男性よりも女性に多くみられ、一般人口の5~6%が患うといわれています。気分変調性障害に気づかずに放っておくと、摂食障害やパニック障害を併発する可能性もあります。

気分変調性障害の症状

抑うつ症状

気分が落ち込む、やる気が出ないといった抑うつ症状が発症しますが、大うつ病と比較すると軽度のものです。途中で調子の良い日があっても、慢性的に気分が落ち込んでいる状態が2年以上続きます。

睡眠困難

明け方になるまで寝付けず、昼間はぼうっとしてしまうのも気分変調性障害の症状の一つです。また、眠れたとしてもぐっすり熟睡することができず、疲れが取れないこともあります。

食欲不振、または過食

抑うつ症状を紛らわそうと過食になる場合と、抑うつ症状によって食欲がなくなってしまう場合があります。どちらも拒食症や過食症といった将来的な危険に繋がるので、食欲の異常が続くようであれば要注意です。

倦怠感

特に疲れるようなことをしていなくても、体全体にだるさや疲れを感じます。毎日の口癖が「疲れた」「だるい」になっていたら、注意が必要です。

集中できない、決断できない

仕事や勉強に以前より集中することができなくなります。また、仕事や自分に関わることを決断できなくなってしまいます。自分ではあまり自覚できない症状なので、周囲にいる人の意見も参考にしてみましょう。

絶望感

たびたび「もう駄目だ、おしまいだ」という悲観的な考えに囚われてしまいます。ささいな失敗で必要以上に落ち込んでしまったら、一度医師や信頼できる方に相談してみましょう。

認知の歪み

小さな出来事でも大きく解釈してしまい、「自分は駄目な人間だ」「自分がこう言ったから、あの人から嫌われたに違いない」と、日常生活に支障が出るほど不合理な思い込みをしてしまうことを認知の歪みといいます。認知の歪みは自分一人でどうにかすることはできません。専門の医師やカウンセラーの指示を仰ぎましょう。

まとめ

睡眠や食欲の異常、気分の落ち込みといった症状が軽度にしかみられない気分変調性障害は、「個人の性格の問題であって、病気ではない」と考えられてきました。

認知の歪みも長らく性格の問題とされてきましたが、現在では病気という認識がなされています。認知の歪みは、「認知療法」という対話による療法で少しずつ緩和することも可能です。

気分変調性障害の治療には、大うつ病と同じように疲れた心を十分に休ませる環境も必要です。それに加え、周囲の方々が患者さん本人の気持ちに耳を傾け、理解する姿勢も重要なものとなります。そうした環境づくりによって、患者さん本人が治療に前向きになることが、治療の一番の助けなのです。