うつ病ライブラリーDEPRESSION LIBRARY

うつ病の種類

原因や症状の出方などによって
異なる、
うつ病の代表的な
種類についてご紹介します。

婚前うつ病(マリッジブルー)

結婚は人生の中でもとても大きな決断であり、幸せな出来事です。
しかし、結婚そのものが直接的な原因ではないにしろ、結婚することによってうつ病になる可能性があることをご存知でしょうか? 
その要因となるのが、マリッジブルーです。
ここでは、マリッジブルーの特徴や症状などについてご紹介します。

マリッジブルーの特徴

マリッジブルーは、その名のとおり結婚に際して陥るうつ病様の症状のことです。結婚そのものが原因というわけではありませんが、結婚することで起きる様々な変化に対する不安や恐怖がマリッジブルーを引き起こします。

マリッジブルーは結婚する女性の多くが経験している症状であり、女性特有のものであるという認識が強くあります。しかし、マリッジブルーは女性だけが陥るものではなく、実は男性にもその可能性があります。女性に比べると結婚による変化が少ない男性ですが、家族を養うという責任やプロポーズするという重圧からマリッジブルーに陥ります。結婚に対するさまざまな情報もマリッジブルーを引き起こす要因になり得るため、結婚に対する期待が大きかったり、より積極的に結婚に向けて動く人のほうが陥りやすいものです。

マリッジブルーの症状

マリッジブルーの症状では、以下のようなものが代表的です。

不安・不満

マリッジブルーの症状で最も多いものが、結婚に際しての不安感です。この不安感は、結婚に関するあらゆるものに対して感じます。たとえば、彼・彼女に本当に愛されているのかどうか、この人と結婚して本当にうまくいくのか、彼・彼女の両親とうまくやっていけるのかなどがあります。

こういった不安は少なからず誰でも感じるものですが、マリッジブルーの場合はより感じやすくなり、その程度も大きくなります。また、結婚式の準備であまり手伝ってくれなかったり、積極的に動いてくれなかったりすると不満を覚えますが、この不満もマリッジブルーに陥っていると感じやすくなります。結果的に結婚式の延期や破談になる可能性もあるので、注意が必要です。

結婚に対する忌避感

マリッジブルーの症状では、結婚に対する忌避感も多くみられます。結婚が決まるまでは結婚に対して積極的に動いていた人も、いざその日が決まると結婚を白紙に戻したくなったり、結婚することをなんとなく公にしたくなくなったりといった感情が芽生えます。その結果、本当に結婚をやめてしまうといったことも少なくはありません。また、ここまで直接的な結婚に対する忌避感ではなくても、これまで以上に仕事に打ち込むなど、結果的に結婚についてあまり考えないでいい状況を自ら作るということも考えられます。

彼・彼女に対する忌避感

結婚そのものではなく、彼や彼女に対して忌避感を覚えることもあります。突然会いたくないと感じたり、彼・彼女とは違うタイプの異性に惹かれるようになったりといった症状です。相手と喧嘩をしたり、嫌いになったりといったわけではなく、ただ漠然と避けてしまいます。

まとめ

結婚は幸せなことだとわかっていても、マリッジブルーに陥れば結婚に対するさまざまな不安や恐怖が襲ってきます。その程度は人によっても異なりますが、酷くなるとうつ病に発展することもあるため、放っておいていいものではありません。

マリッジブルーを解消するためには、パートナー同士でしっかりと話し合い、触れ合う時間を作ることが大切です。相手の態度にイライラするのではなく、よく話を聞き、一緒に解決していこうという意識を常に持っておくようにしましょう。自分たちで解決できないと感じた場合には、カウンセリングなどを利用するのも一つの方法です。カップルで受けられるカウンセリングもあるので、専門医を訪ねてみましょう。