うつ病ライブラリーDEPRESSION LIBRARY

うつ病の種類

原因や症状の出方などによって
異なる、
うつ病の代表的な
種類についてご紹介します。

季節性情動障害(季節性うつ病)

ある決まった季節にだけ抑うつ症状や睡眠、食欲に異常をきたすうつ病のことを季節性情動障害といいます。
その中でも、冬の間だけにみられるうつ病は冬季うつ病と呼ばれています。
冬季うつ病は、10月や11月に気分が落ち込み、2月や3月に症状が治まるというサイクルを繰り返します。
今回は、意外と悩まされている方も多い季節性情動障害についてお話します。

季節性情動障害について

季節性情動障害とは、ある決まった季節になると特に理由なく落ち込む抑うつ症状が毎年起こる脳機能障害の一種です。大うつ病と同じように、気分が落ち込んでイライラや不安を感じたり、体がだるく感じたり、睡眠や食欲に異常をきたしたりします。10月から11月に始まる冬季うつ病では特に過眠過食になる傾向があり、炭水化物や甘いものをよく摂取するようになります。倦怠感から運動量が減って体重が増加しやすくなるほか、過眠から生体リズムが狂い、昼夜逆転して規則正しい生活が送れなくなります。

季節性情動障害は決まった季節が過ぎれば嘘のように症状が消えてなくなってしまうので、本人や周囲は「寒い(暑い)のが苦手なだけ」と考え、気づくのが難しい病気です。冬ばかりではなく、他の季節に症状が出る季節性情動障害もあります。夏季うつ病の場合は食欲不振と睡眠不足が主な症状となり、体重がどんどん減少していきます。夏が過ぎれば症状も消えるので「夏バテ」だと思われがちです。

太陽がほとんど顔を出さない極夜が存在する北欧では、日本よりも季節性情動障害が多くみられることから、季節性情動障害は太陽の光を浴びないことが原因だと考えられています。このことから、日光に近い光を浴びさせる光照射療法が有効とされています。

季節性情動障害の症状について

季節性情動障害に共通する症状

抑うつ症状

憂うつな気持ちになり、わけもなく落ち込む抑うつ症状は、大うつ病や季節性情動障害に共通した症状です。ほかにも、意欲や決断力の減退などの症状がみられる場合があります。

焦燥感

自分の心の変化に戸惑い、焦ってしまう心の症状です。この焦燥感からイライラや不安が生まれ、日常生活の言動にも影響が出てしまいます。運転が乱暴になったり、物に当たったりという行動がみられたら要注意です。

倦怠感

特に疲れるようなことはしていないのに、体にだるさを感じます。抑うつ症状との相乗効果で、外出や体を動かす作業がおっくうになってしまいます。

冬季うつ病にみられる症状

過眠

前日ぐっすり眠ったにも関わらず、次の日に何時間眠っても眠気が収まらなくなってしまいます。過眠が行き過ぎると生体リズムが崩れ、昼夜逆転の生活になってしまい症状の改善が難しくなってしまうこともあります。

過食

特に炭水化物や甘いものを欲しがる傾向があり、あるだけ食べてしまいます。手軽につまめるスナック菓子などは、極端な体重の増加にも繋がります。過眠や倦怠感と相まって、運動不足になり、見た目の極端な変化から社会不安障害に繋がるおそれもあります。

夏季うつ病にみられる症状

不眠

眠れない、または眠りが浅く、体に疲れが残ってしまいます。不眠によって自律神経が乱れ、自律神経失調症から発展して大うつ病になる危険性があります。

食欲不振

食欲がなくなり、食事をとることに消極的になってしまいます。倦怠感から体を動かすことがおっくうになり、自炊や外食もしなくなってしまいます。最悪の場合、摂食障害になってしまうこともある症状です。

まとめ

決まった季節にのみ症状が表れる病気、季節性情動障害についてお話しました。食欲や睡眠に関する異常や抑うつ症状を、決まった季節にしか表れないからといって放っておくと、深刻な精神疾患に繋がることもあります。季節性情動障害については光照射療法など独自の治療法が確立されていますので、症状が表れる季節になる前に、一度医師に相談するといいでしょう。