セロトニンは不安と関係があるの?セロトニンを増やしてうつを予防しよう

しあわせホルモンとも呼ばれるセロトニンは、不安と大きな関係性があります。セロトニンが正常に分泌されていると、作業効率も高まり些細なことでも幸せを感じやすくなります。反対に、セロトニンが減少すれば、不安感にも影響を与えるようになります。

この記事では、セロトニンと不安の関係性やセロトニンを増やす方法についてわかりやすく解説します。

1.不安と関係性がある三大脳内ホルモンを理解しよう

不安と密接に関係がある三大脳内ホルモンは、セロトニンとノルアドレナリン、ドーパミンです。

セロトニンの90%ほどは小腸に存在し8%が血小板、脳内には2%ほどしか存在しません。脳内から分泌される少量のセロトニンは、メンタルヘルスに多大な影響を与えることが特徴です。セロトニンが正常に分泌されることで、不安が和らぎ幸福感も得られやすくなります。メンタルヘルスだけではなく、食欲のコントロールをすることもセロトニンの役割です。

セロトニンが減少すると、常に不安感がつきまとい理由もなく涙が流れるケースもあります。さらに、ストレス食いとも呼ばれる過食は、セロトニンの減少が原因だとされています。

また、ノルアドレナリンは、仕事や勉強に集中するときに分泌される脳内ホルモンです。ノルアドレナリンが不足すれば集中力が途切れ、さまざまな意欲も低下します。ノルアドレナリンが過剰分泌すると、怒りっぽくなりそう状態になることが特徴です。さらに、そう状態になることで血圧は上昇し、高血圧症などの生活習慣病の原因となります。

また、ドーパミンは、快楽などの三大欲求と密接に関係しています。ドーパミンが減少することで、意欲や食欲が低下し無力感に苛まれることもあるでしょう。反対に、ドーパミンが過剰分泌すると、薬物やアルコールなどの依存症が発症しやすくなります。

2.ストレスが蓄積されるとうつ病は発症するの?

ストレスが慢性的に蓄積されてしまうと、不安が引き起こされるようになります。不安感が強くなることで、意欲や活動量が低下することもあるでしょう。さらに、身体が思うように動かなくなり、些細なことでいらいらしてしまう人もいます。強い不安感を抱えた状態が続いていると、仕事や学校へ行くことが困難になる人もいるでしょう。

ストレスや不安感に対し対処をしないまま放置すると、うつ病を発症する可能性が高まります。不安やストレスが蓄積すると心血管系にも悪影響を及ぼし、高血圧や動脈硬化などの疾患の原因となることもあります。

さらに、糖尿病や気管支喘息など、さまざまな生活習慣病のリスクが高まるケースもあるため注意が必要です。

また、うつ病を治療しないまま経過すると、自殺念慮が強くなる人もいます。その結果、自傷行為を繰り返し、入院治療が必要となることもあるでしょう。ストレスや不安感は、蓄積された時間が長くなるほど治療する期間も長くなる傾向があります。そのため、心身の不調を感じる前に、自身で効果的なストレス解消法を見つけたり病院を受診したりする必要があります。

ストレスの原因がわかっている場合には、ストレスの原因から離れるよう努めることが大切です。さらに、精神的な疲労感がとれるまでは、心身共に休める環境で静養するようにしましょう。

3.セロトニンの分泌を促すポイントとは?

セロトニンの分泌を促すためには、日光を浴びたり適度な運動をしたりする必要があります。日光を浴びるときには、起床した直後に15~30分ほど行うとセロトニンが分泌しやすくなります。

運動をする際には、ウォーキングなどのリズム運動を行うようにしましょう。また、スマホを触る時間が長い人は、デジタルデトックスを行う日を取り入れても良いでしょう。デジタルデトックスとは、スマホやパソコンなどから離れ心身ともにリフレッシュすることです。スマホやパソコンから距離をとることで情報過多な状態から解放され、脳や体を休めることができます。また、パートナーとのスキンシップを増やすことも、セロトニンの分泌を促すといわれています。

コミュニケーション不足を感じている場合には、友人や家族と会話する時間を積極的にとるようにしても良いでしょう。また、セロトニンを分泌させるためには、トリプトファンと呼ばれる必須アミノ酸が必要です。トリプトファンは、乳製品や卵、大豆製品やバナナなどに豊富に含まれています。つまり、バランスの良い食事を摂るようにすることで、トリプトファンは取り込みやすくなります。その結果、セロトニンは分泌しやすくなり、精神的にも安定することが期待できます。

しかし、セロトニンの分泌を促す食習慣や運動習慣などを取り入れても不安が続く場合には、早めに心療内科を受診するようにしましょう。

自身の努力だけでうつ状態などの改善が望めないときには、医師の診断のもと適切な服薬治療を行う必要があります。

不安やストレスは早めに解消してセロトニンを増やそう!

セロトニンの分泌が減ることで、うつ病を発症するリスクは高まります。セロトニンが減少すると不安やストレスを感じやすくなるため、分泌を促す生活習慣を意識することが大切です。さらに、心に余分な負担をかけないようにすることで、うつ病を防ぐ可能性は高まります。

うつ病を予防するためにも、日頃の生活習慣を見直してみましょう。

関連記事

おすすめ記事