うつ病の診断書に書かれている内容は?必要性やもらい方についても理解しておこう

診断書は、病気の症状や診断・治療内容を証明するための書類です。うつ病の治療を受けるにあたって、職場などから提出を求められる可能性があります。

診断書をもらっておく必要があることは知っていても、診断書にどのようなことが書かれるかは知らないという人もいるでしょう。

この記事では、うつ病の診断書にどのような内容が書かれるのかということを、必要性やもらい方などと併せて解説します。

うつ病は診断書にどんな内容が書かれるの?

診断書は、公的な意味を持つ重要な書類です。休職の申請や公的支援を受ける際に必要となることが多いので、どのようなことが書かれているのか、内容についても知っておきましょう。

うつ病の診断書には診断病名と療養に要する期間、環境調整が必要な場合はそのための指示などが記載されます。

ただし、病名の部分には、「うつ病」以外の病名が記載されることが少なくありません。うつ病は短時間の診断だけでは確定できないケースが多いからです。

うつ病で診断書が必要になるケースとは?

病気を理由に休職・休学する際には、診断書の提出が求められることがあります。

しかし、診断書は、本来患者側から申請して発行してもらうものではありません。医師が、職場や学校に環境の調整や休業・休学を要請しなければ治療が難しいと判断したときに発行するものです。そのため、通常の通院や投薬だけで十分な治療ができるという場合には、診断書は発行されない可能性があります。

診断書は、患者側が欲しいと思えば、病院を受診するだけで必ず受け取れるというものではないということを理解しておきましょう。

うつ病は、風邪など身体的な病気とは性質が異なり、治療には数カ月、数年単位で時間がかかることが少なくありません。

そのため、休職や職場環境の調整などが必要になるケースも多く、休職等の理由を証明するために診断書の提出を求められることがあります。休職は不要という場合でも、会社に環境調整を依頼しなければならないケースがあり、その根拠を示すために診断書の提出が必要になることもあるでしょう。

それ以外にも、自立支援医療など公的な福祉制度の適用を受ける場合や、精神障害者保健福祉手帳を申請する場合、障害年金を受ける場合などは、申請書類に診断書を添付する必要があります。

診断書はどうやってもらうの?

診断書は、原則的に医師が必要だと判断したときに発行するものです。

しかし、うつ病の診断書は、何のために必要なのかを伝えれば、発行してもらえることが少なくありません。うつ病などの精神疾患は、治療の際に周りの配慮を要するケースが多いからです。

各種申請書類に診断書の添付が必要な場合には、まず医師に相談してみましょう。医療機関によっては、診断書の作成を申請専門の窓口で対応している場合があります。そのような医療機関では、受付窓口周辺に掲示があるはずです。

わかりにくい場合は、受付窓口で診断書のもらい方を確認してみてもよいでしょう。

診断書は即日発行してもらえることもありますが、場合によっては2週間程度かかってしまう場合もあり得ます。申請の締め切り日が近づいてから依頼したのでは、間に合わなくなるかもしれません。

申請書の提出期限に間に合わせるためにも、できるだけ早く医師に相談するようにしましょう。なお、診断書の発行は原則的に有料です。料金は医療保険の対象にはなりません。

自費扱いになるうえに、金額も医療機関によって異なります。依頼する際には、事前に確認しておくことが大切です。

診断書はつらい症状を代わりに説明してくれる大事な書類

うつ病のような精神疾患の場合、休職や環境調整が必要な状況で苦しんでいても、本人が会社に理解してもらえるように説明するのは難しいといえます。

診断書は、医師の言葉で症状や治療に要する期間、会社がしなければならない配慮などを具体的に説明してくれる書類です。

病名に関してはストレートな記述を避けることがありますが、診断時の正確な内容が記載されています。大事な書類ですから慎重に扱いましょう。

関連記事

おすすめ記事