プチうつ病患者が急増中!短時間でもうつ症状が現れたら注意しよう

プチうつ病は、20〜30代の女性に多く現れやすいといわれている症状です。「プチ」と名前がついているために症状が軽いものと考えがちです。しかし、放置して症状が悪化するとパニック障害などの別の精神疾患を引き起こすリスクもあるため注意が必要な病気です。ここでは、プチうつ病とうつ病の違い、プチうつ病の症状や治療法、予防法などについて説明します。

 

プチうつ病とうつ病は何が違うの?

 

プチうつ病は、うつ病と比べると症状が軽いようなイメージもありますが、決してそういうことはありません。うつ病とは、慢性的に抑うつ気分が持続する状態をいいます。うつ病は、丸一日抑うつ気分が続く状態が、2週間以上の長期にわたって毎日続く場合に診断されます。

 

一方、プチうつ病は毎日抑うつ状態が続くのではなく、週に1〜2日または夕方から夜にかけてなどの特定の時間に、抑うつ状態が現れる状態です。そのため、うつ病を「大うつ病」と呼ぶのに対し、プチうつ病は「否定形うつ病」と呼んで区別しています。

 

短時間のみ抑うつ症状が現れるために日常生活自体はこなせるものの、抑うつ症状が軽いわけではありません。それどころか、日常生活がこなせるためにプチうつ病の存在に気が付きにくく、放置してパニック障害などを引き起こすおそれもあるのです。

 

プチうつ病に見られる特徴的な症状

 

プチうつ病に見られる症状は、大きく精神症状と身体症状に分けられます。特徴的な精神症状としては、気分の落ち込みが激しくなる、理由もないのに涙が溢れる、自己嫌悪に陥る、怒りやすくなるといったものが挙げられます。

 

また、他人のささいな指摘にもひどく落ち込むようになるケースも少なくありません。これは、拒絶過敏性と呼ばれる症状で、引きこもりなどの社会的障害のきっかけにもなり得るものです。

 

身体症状としては、過食が代表的です。とくに、夜間に甘いものが食べたくなるため、1カ月で2〜3kg太ってしまうケースも珍しくありません。太ってしまうとさらに落ち込みが加速し、精神症状の悪化につながることもあります。

 

過眠や全身の倦怠感も特徴的な症状です。過眠は、1日10時間以上の睡眠を週3日以上とる状態を指し、たくさん寝ても寝足りず、気分もどんどん落ち込んでいきます。同時に鉛様麻痺と呼ばれる全身の倦怠感により、手足に鉛を付けたように体が重くなり、何も行動できない自分に対し自己嫌悪してしまうことも多いのです。

 

人によっては、買い物やギャンブル、ソーシャルゲームへの依存性が高まり、抑制が効かなくなることもあります。

 

プチうつ病になるのはどうして?

 

プチうつ病になるには、きっかけがある場合が多いといわれています。転職や引っ越しによる環境の変化、人間関係の悩みなど、一気に大きなストレスを抱え込んでしまうことでプチうつ病を発症してしまう人は少なくないのです。

 

プチうつ病になりやすい性格があるともいわれています。プチうつ病になりやすいと考えられているのは、小さい頃から良い子といわれてきた優等生タイプの人です。このタイプの人は、人から良く見られたいという気持ちが強く、人に自分がどう見られているのかが気になって自分の考えを押し殺してしまいがちです。

 

また、周りの人に「ダメなヤツ」と思われることに恐怖を感じ、頑張りすぎてしまうこともプチうつ病を発症する原因となります。

 

プチうつ病の治療法は?気になる症状があれば早めに病院で相談を

 

プチうつ病の治療法は、薬物療法が中心となります。そのため、「理由もなく涙が溢れる」「嫌なことばかり鮮明に思い出す」「午前中は元気なのに夕方になると気分が落ち込む」など、プチうつ病の前触れと考えられる症状が現れたら、放置せずに心療内科などで相談することが大切です。

 

病院を受診すると、症状に合わせて抗不安薬や抗うつ薬、鎮静剤などによる薬物治療のほか、認知行動療法が行われます。プチうつ病の治療にかかる期間には個人差があるものの、2〜3年かかる場合もありますので、焦らずゆっくり治療に取り組みましょう。

 

とくに、少し調子が良いからと自己判断で服薬を中止したり、薬の量を減らしたりすることは厳禁です。必ず、医師の指示通りに服用するようにしましょう。処方薬に対して疑問や不安がある場合は、その都度医師に相談しておくと安心できます。日常生活では規則正しい生活を心がけ、具体的な目的を持って1日を過ごすようにすることがポイントとなります。

 

プチうつ病は予防できる?普段から心がけたいポイント

プチうつ病の予防のために大切なのは、まず全てを自分1人で抱え込まないようにすることです。相手に悪く思われないように自分の気持ちを押し殺すのでなく、日頃から適度に自己主張するよう心がけていきましょう。

 

相手に不快な気持ちを与えずに自分の気持ちを伝えるためにいい回しなどで悩んでしまいがちですが、すぐに完璧な受け答えができる人などほとんどいません。毎日少しずつ自己主張するようにして、ゆっくり訓練していけば良いのです。

 

また、友達や家族など信頼できる相談相手がいる場合は、勇気を出して自分の状態について相談してみましょう。相談することが直接的な問題の解決に結びつかなくても、周囲の人から少し自分を気にかけてもらったり、自分の状態を知っている人がいると認識したりするだけで、心が軽くなることもあります。趣味などに打ち込み、ストレス解消する時間を作るのも効果的な予防法となります。

 

プチうつ病は、うつ病と比べて症状が軽いのではなく、抑うつ状態にある時間が短いというだけです。適切な治療を受けることが必要なことには変わりありませんので、なにか気になる症状がある場合は早めに病院で相談するようにしましょう。

 

もし周囲にプチうつ病のような症状に悩んでいる人がいれば、優しく声掛けをしてその人の悩みに耳を傾け、必要があれば病院の受診を促してあげましょう。”

 

関連記事

おすすめ記事