症状の改善・再発予防の鍵! 認知行動療法とは

 

うつ病は、生真面目だったり完璧主義だったりと、ストレスを溜め込みやすい性格の人に多く見受けられる病気です。
ストレスを溜め込まないようにしなければ、回復しても再発する可能性が残ります。
こうしたうつ病に対して行われる治療法が、「認知行動療法」です。
この認知行動療法を行うことで、うつ病患者の性格のクセが矯正され、根本からの治療が可能となります。
また、単なる治療だけでなく再発防止にも役立ちます。
今回はそんな認知行動療法についてご紹介します。

患者が抱く「ネガティブな感情パターン」を改善する

認知行動療法とは、患者本人が長年抱えてきた物事の捉え方や認知のしかた、考え方のパターンの修正を行う治療法です。生活習慣病の患者が、今までの生活パターンや行動パターンを見直す必要があるとされているのと同様に、認知行動療法でもこうした考え方がなされています。うつ病も患者の行動パターンや考え方などを見直し、「うつ病を引き起こす考え方」から脱却する必要があるのです。

患者特有の認知のクセ、偏りについて

認知行動療法は、前述した通り患者が持っている物事の捉え方や認知のしかた、考え方のパターンを見直し、改善していくための治療法です。うつ病患者は物事を悲観的・否定的にとらえてしまい、自らストレスを増幅させてしまう傾向にあります。この思考パターンを「認知のクセ・偏り」とよびます。認知行動療法はそうした考え方を洗い出して改善点を見つけ、バランスの良い物事の捉え方を身につけるための治療法なのです。

具体的な治療法としては、まずは偏った考え方のクセを見つけていくことからはじまります。

例えばうつ病の患者がミスをしたとき、
「またミスをしてしまった」「こんな調子で上手くやっていけるのだろうかといった考え方に走ったとします。
この場合、患者を支配しているのはほんのわずかな体験から拡大解釈して、一般化をしてしまう/悲観的観測をしてしまうという思考パターンです。
また、「自分が駄目な人間だから、周りのは自分を笑っている」という否定的な感情での決め付けだから自分は駄目なんだいう自己非難というパターンに行き着く場合もあります。
このような考え方はうつ病の発症や再発を招きやすくする考え方でもあるのです。
これらに加えて、何事も完璧にしなければ…。そうでないと失敗と同じ」というような完璧主義も注意が必要です。

認知行動療法は、こういったクセを患者さん本人に自覚させ、修正するのをサポートしていく治療法です。最終的に、患者が適切に物事を捉えられるようになり、楽な気持ちになれるようするのが認知行動療法の目的です。

カウンセリングを通して認知の歪みを修正してゆく 

認知行動療法は、まず医師と患者のカウンセリングから始まります。その日、患者に起こった出来事や行動を話してもらい、そのときに覚えた感情を書き込む表を作成します。その表に、その日起こった出来事に対して抱いたマイナスな感情を書き込んでもらいます。書き込まれたものを見て、もっと別の考え方はできないか、別の捉え方ができないかを一緒に考えていき、それをまた表に書き込んでいきます。

これが認知行動療法の一例です。こういった作業を何度か繰り返すうち、患者自身が認知の歪みに気づき、それによって得られた新しい考え方、捉え方ができるようになります。そうなると患者の気持ちが楽になり、うつ病の発症や再発を引き起こす思考パターンから脱却することができます。

まとめ

物事の捉え方や認知のしかたや考え方のパターンは、患者本人だけで自覚するのは難しいものです。認知行動療法ではカウンセリングを通して認知の歪みを発見し、偏った思考パターンからの脱却を促します。なお、認知行動療法はうつ病だけでなく強迫性障害や心的外傷後ストレス障害といった精神疾患に対しても行われている治療法です。このことから分かるように、思考パターンは精神疾患と大きな関わりを持っているのです。

関連記事

おすすめ記事