聴く、歌う、奏でる…音楽療法でうつ病を癒す

うつ病に代表される精神疾患の知名度が上がるのに伴い、さまざまなメンタルケア、精神療法も知られるようになってきています。そのなかの一つに、アートセラピーとして知られているものがあります。
アートセラピーとは、音楽や絵画などの芸術活動を通じて患者さんの内面的な問題を解決し、無意識の感情を引き出すのをサポートする治療法です。
音楽療法については、専用のCDが発売されたり音に対する研究が改めて進められたりするほど注目されています。
今回は、そんな音楽療法について紹介していきます。

患者の状態に合わせて行う治療法

音楽療法とは、対象者の感情面や精神面、身体面などさまざまな部分のケアをする目的で、音楽を用いる療法のことです。ただ音楽を流すだけではなく、対象者の問題に合わせて計画的に治療が行われます。日本人にはあまり馴染みのない療法ですが、米国では比較的ポピュラーな療法の一つです。この音楽療法は、うつ病や認知症、薬物乱用といった病気・症状にも活用されています。

音楽でストレスを解消するためには、そのときの気持ちにあった音楽を聴いたり、演奏したりすることが大切だといわれています。なお、落ち込んだ気持ちをアップテンポの曲で無理に盛り上げようとするのはストレスを押さえこんでいるのに等しく、悪い影響を与える可能性があります。音楽療法は、こうした対象者の複雑な感情や内面の問題などに合わせた音楽を用意することで、対象者をケアする治療法です。

感情の表出、身体機能の向上などを促す効果が

では、具体的に音楽療法によってどのような効果が期待できるのでしょうか。まず「音楽を聴く」という行為には、対象者本人が上手く表わすことができない複雑な感情が表出するのを手伝ったり、内なる創造性を育んだりといった効果が期待できます。また、自身の感情や情緒にあった音楽を聴くことで気持ちを整えるなどの効果も見込めます。

聴くということ以外にも、音楽療法には「歌う」、「演奏する」という方法があります。「歌う」という行為には、声帯や口腔、咽頭、鼻腔といった器官を刺激し、呼吸器や心肺機能を向上させる効果があります。そうすると脳に十分な酸素が行き渡るようになり、自律神経のバランスが整います。
うつ病は自律神経の乱れによって引き起こされるといわれているため、歌うことによって心肺機能が向上すれば、うつ病の予防・改善ができるといわれています。
さらに、歌う行為は普段抑圧されている感情を表出させるなど、感情のコントロールにも役立ちます。1人でももちろん効果は期待できますが、複数人で歌うと一体感や協調性の充足を行うこともでき、社会復帰時の助けとなります。

最後に、「演奏する」という行為についてです。楽器を演奏することで手を中心とした身体の各部位が活性化され、感覚機能・運動機能の維持や回復が見込めます。
楽器演奏特有の細かい手の動きをすることで脳の血流量が大幅に増加し、より多くの酸素や栄養が脳に行き渡ることになります。酸素や栄養量が行き届くことによって自律神経のバランスを整えることができるため、うつ病にも効果的とされています。

脳波への影響が期待できるデザイナー・ミュージック 

音楽療法の効果を利用した「デザイナー・ミュージック」と呼ばれるものが登場し、うつ病治療にも用いられています。これは、脳波に直接影響を与えるように厳選された音を組み合わせて作られたものです。
ストレスの緩和や不眠症の改善、痛みの緩和などが期待できるといわれています。デザイナー・ミュージックの仕組みには、「バイラル・ビート」と呼ばれる音が関わっています。このバイラル・ビートは右耳と左耳から周波の異なる音を聴くことで形成される音で、この音が脳波に直接影響を与えるのです。

まとめ

音楽療法の治療内容はとてもシンプルで、歌ったり楽器を演奏したりといったことを通じ、抱えている問題を解決していくというものです。この音楽療法は特にストレスからくる精神疾患に効果的だといわれており、うつ病の治療法の一つとしても徐々に定着しつつあります。

1人で簡単にできるものも多いので、身近な改善法・予防法として、是非取り入れましょう。ただし、うつ病の状態によっては、演奏をするのはもちろん、音楽を聞くことさえ負担になる時期や状態もありますので、医師と相談のうえ行うようにしましょう。

関連記事

おすすめ記事