うつ病での休職でも、傷病手当金の申請はできる?

一般的な身体疾患や事故で体にケガをしてしまったなどの理由で働けなくなってしまった場合、傷病手当金という制度があり、療養中の生活は保障されます。しかし、うつ病でも働けなくなって療養をしなければならないことは多くありますし、金銭面の問題はうつ病で仕事を休んで療養するときに生じる大きな不安の1つです。

 

うつ病で療養中でも、傷病手当金は申請できます。お金の心配をせず安心して療養するためには、必ず傷病手当金は申請しておきたいものです。今回は、傷病手当申請はどうすればいいのか、そしてうつ病で休業するときに生じがちな不安とその対策について説明します。

 

傷病手当金ってどんな制度?

病気で仕事ができなくなると、その間の収入はどうなるのだろうと不安になるものです。そんなときに役立つのが傷病手当金制度です。傷病手当金制度は、被保険者が病気やケガで仕事ができなくなったときに、被保険者とその家族の生活を保障するためにあります。体の病気や事故だけでなく、うつ病などの精神疾患で仕事ができなくなったときでも申請が可能です。

 

傷病手当金を申請する、というと大げさに考えがちですが、実はそんなに難しい手続きはいりません。受給にあたり一定の条件はありますが、手続きとしては書類を用意してそれを記入のうえ会社に提出し、あとは審査に通るのを待つだけです。

 

うつ病で休職、傷病手当はどうやって申請するの?

傷病手当を申請できるのは社会保険加入者である必要がありますが、それ以外に4つの条件があるのに注意しなければなりません。

 

それは「業務外の理由による病気やケガの療養のための休業であること」「働くことができないこと」「連続する3日間を含む4日以上仕事に就くことができないこと」「休んだ期間の給与の支払いがないこと」です。社会保険の被保険者になっている期間が短くても、傷病手当金の申請はできます。

 

傷病手当金の支給を申請するには「傷病手当金支給申請書」が必要です。この書類は4枚で構成されています。自分自身で記入をする「被保険者の情報」「被保険者の申請内容や確認事項」、会社側が記入する「事業主の証明」、そして医師が記入する「療養担当者の証明」です。

 

傷病手当金支給申請書は、全国健康保険協会が用意しているもののほか、会社が健康保険組合に加入している場合は会社独自の書式に基づいたものを提出する必要があります。

 

うつ病で休職するなら、これだけは確認しておこう!

休職という制度は、実は法律によって定められた制度ではありません。休職できる会社とできない会社があります。そのため、まず会社に休職制度があるのかどうかということを確認しておく必要があります。休職制度があることが確認できたとしても、その制度は会社がそれぞれ独自に決めるものですから内容をしっかり把握しておきましょう。休職の要件や休職可能な期間、復職自由、復職の処理などは理解しておかなくてはなりません。

 

また、休職している間に、会社に本人の病状がどのような状態なのかを伝えなければいけない場合もあります。報告が必要な場合、窓口はどこになるのか、連絡はどうすればいいのか、必要書類はないのか、頻度はどれくらいなのかなども確認しておく必要があります。

 

うつ病で休職、やっぱり不安

休職は非常に大きな決断です。傷病手当のことを知らなければ、収入が全く無くなると勘違いしてしまいます。その勘違いから「自分だけでなく家族の生活も維持できなくなるから、つらくてもこのまま働き続けたほうがよい」と追いつめられる人も多くいます。また、休んでしまったら復職できなくなるのではないかと不安になる人も少なくありません。

 

復職については医師が病状を判断して決めるものですし、うつ病は慢性疾患ですから治療には一定の時間がかかります。さらに、治っていく過程は早かったり遅かったりと人それぞれです。そのため、休職が必要な期間の見込みがしっかりと立つことはまれといってよいでしょう。しかし、休職が可能なら、ゆっくりと休む時間を作ってしっかり療養することは、うつ病の治療には非常に大切なことといえます。たとえ休職することに不安があっても、選択枝の1つに入れておくことが大事です。

 

気分の落ち込みや不安は、うつ病という病気そのものでも生じるものですし、休職することで生じてくる問題に思いを馳せたとき、その不安はどんどん増幅し、しんどくなってしまいます。

 

かかえこまずに、悩みを相談する場所をつくろう

うつ病の治療では、1人で悩みを抱え込まず、しんどさを理解してくれる友人や家族、主治医に相談することが大事です。主治医に相談すれば、現在の病状や今後の見通し、生活上で気を付けることはもちろん、傷病手当のほかに利用可能な制度の紹介をしてくれることがあります。

 

一方で、会社の人事や仕事の環境などに関しては会社の労働組合や各会社の相談窓口を利用するのが一番。しかし、現在勤めている会社がうつ病に理解がない場合や社内の問題がうつ病の発症に寄与した場合には、会社に相談しにくいこともあります。このようなときには、会社の外部にある労働相談窓口を利用することになります。

 

傷病手当は書類と資格さえあればうつ病でも簡単に申請可能です。申請のときに気を付けるのは、会社の休職制度がどのようなものであるか、しっかり確認しておくことです。

 

うつ病でつらいときには申請や制度の調査は少し精神的に負荷が高いように感じてしまうかもしれませんが、どうしても働けない時期の生活を保証するためには欠かせない制度です。積極的に利用し、うつ病の療養に専念できるよりよい環境づくりを心がけるようにしましょう。

関連記事

おすすめ記事