うつ病の診断書をもらう方法

うつ病の治療には周囲の協力があるかないかで、経過が異なる可能性があります。周囲とは友人や家族だけでなく、会社も大きく関係するものです。会社にうつ病であることを理解してもらうためには、まず診断書の提出が必要になってくるでしょう。今回は、うつ病になり、診断書をもらうにあたって、どのようなことに気をつければ良いかについて紹介します。

うつ病になり診断書をもらうときの流れ

そもそも診断書とは、医師が診察をした結果、どのような診断をくだしたのか、どれくらいの休養が必要か、など病気とその詳細について記載した証明書になります。会社や学校などに提出をするために、医師に記載してもらうことが多く、医師によって記載された期間は、休職または休学をして治療に専念することができます。

では、診断書を受け取る流れとはどのようなものでしょうか?うつ病を疑い、初めて診察を受けたとします。初診であっても医師がうつ病であることを診断した場合、うつ病としての診断書を書いてもらうことは可能です。すぐにでも休息が必要であると判断した場合にはそのような内容の記載がされるでしょう。また、長年うつ病で通院をしているのであれば、必要なときにそれを証明する診断書を書いてもらうことができます。

うつ病は検査によって確定診断ができるわけではありませんから、うつ病の疑いがある場合には、通院をしながら、生活習慣を見直したり、薬を服用したりしながら、症状が軽快していくかを確認していくことがほとんどになります。そういう状況を説明する証明書が必要なのであれば、その旨を主治医に説明すると、そのように診断書を書いてもらうことも可能です。

うつ病を疑ったら精神科か心療内科か?

自分がうつ病かも?と思ったら、普通の人は精神科や心療内科の受診を検討することが多いでしょう。近くにそれらの看板を掲げる病院があると、どちらにかかるべきか迷うかもしれません。結論からいうと、どちらもうつ病を扱っているので大丈夫なのですが、厳密には違いがあります。

精神科とは、精神疾患を取り扱う科になります。うつ病も精神疾患の一つで、他に統合失調症や恐怖症などが含まれます。対応する医師は精神科医となります。うつ病の症状でよく認められる、気分の落ち込みや、やる気の低下、集中力の欠如といった精神的な症状が強くあらわれる場合には、精神科を訪れることを検討するとよいでしょう。

一方、心療内科は、ストレスといった心理的な要因がきっかけとして起こる身体的症状を診る科になります。担当医は心療内科医で、厳密には内科に位置します。原因は精神的なものですが、あらわれている症状は胃潰瘍であったり、便秘であったり、高血圧であったりと、身体症状であり、検査によって確認できる場合があるのも精神科と違った特徴です。
精神科と心療内科は厳密には違いますが、重なるところも大きく、きっちりと線引きができるものではありません。

また、一昔前まで精神科は敷居が高くなかなか受診するのが難しいという事情から、心療内科と表記したり、逆に、より多くの患者さんを集めるために精神科と表記するということがよくありました。そのような事情から、実際のところ、それほど大きな違いがないのが現状といえます。

診断書の作成時には医師にきちんと目的を伝えよう

診断書とは医師が診察をして得た情報を記載した証明書になりますから、診断書が必要である目的を的確に医師に伝えなければ、必要な診断書を手に入れることができません。例えば、医療機関を受診したということを証明することが目的なのであれば、個人の詳細に加えて、日付および診断名を記載して、その詳細は省くことが可能になります。

多くの場合は、会社や学校に提出するために診断書が必要になるでしょう。休職または休学して、うつ病の治療に専念したほうが良いと医師が判断した場合、診断書には、診断名に加えて、休んで治療に専念することが必要であり、どれくらいの治療期間を必要とするかを記載されることになります。

うつ病であることを会社側にも知ってもらい、治療をスムーズに受けたり、病状が進行しないように協力をしてもらったりすることが目的のこともあるかもしれません。そういった場合には、診断名に加えて、通院が必要な旨とその回数や、うつ病の改善に必要であれば、具体的な指示なども記載してもらうことが可能です。
診断書は提出先によっては指定用紙を使わなければならないこともあるので、指定された用紙がある場合にはそれをあらかじめ渡しておくとスムーズにもらえます。特に指定用紙がないのであれば、診断書が必要な旨と提出先、目的を主治医に伝えると、通院先の診断書を用意してもらえます。

うつ病で診断書が必要な場合には、その目的と提出先を明確にする

うつ病を患うと、ときに保険や会社、学校などに診断書を提出しなければならないときがあるでしょう。その目的はさまざまですから、何のために診断書が必要なのかを明確にしておく必要があります。指定の用紙など準備するべきものは事前に準備をし、あらかじめ情報の整理をしておくと、スムーズに事が運びます。
自分でうつ病だと思い込んだり、なかには仕事を休みたいという気持ちが優先して診断書を欲しがる人もいます。まずは、きちんと精神科か心療内科を受診してうつ病かどうかの診断をしてもらいましょう。本当にうつ病であるのであれば、初診であってもうつ病と診断を受け診断書を書いてもらうことは可能です。

関連記事

おすすめ記事