無理なく続けるうつ病の予防まとめ

うつ病とは身近な病気で、誰もがかかりうる病気です。うつ病はストレスとの関係が大きいことでも知られています。誰もが忙しい毎日を送るストレス社会といわれる今の時代、自分で意識をしてうつ病の予防をしておくことが大切ではないでしょうか。今回は、毎日の生活で無理なく続けられるうつ病の予防について紹介していきます。

予防にはうつ病の原因を知ることから

うつ病を予防しようと考えたら、まずうつ病の原因を知らなければいけません。医学の発展で少しずつ解明してきてはいるものの、まだ完全にはわかっていないのが、うつ病の原因です。脳内にあるセロトニンという神経伝達物質が不足することが関係しているといわれています。セロトニンが不足する理由については、遺伝、性格、環境、さまざまな要因が複雑に絡み合っていると考えられています。

たとえば、うつ病にかかりやすい性格というのがあるといわれていて「真面目」「几帳面」という人は注意をしたほうがよさそうです。このような人ほど、しんどいことも一人で抱え込んだり完璧にこなそうとしたり、より多くのストレスを一人で抱え込んでしまうことがあるのです。ストレスを抱え込んでいるうえに忙しさが加わるとすれば、ストレスを発散する暇がありませんし睡眠時間をきちんと確保できないことも考えられます。

そうして、うつ病のリスクは高まってしまうのです。遺伝は自分ではどうすることもできませんが、自分の性格や自分を取り巻く環境は変えることができます。そういったところからアプローチをしてうつ病の予防をしていくのが効果的でしょう。

自分の考え方を見直してみる

物事に対してどのような考え方を持っているでしょうか?それを知るには、まず自分を客観的に見つめ直す必要があります。自分を客観的に見つめることとは簡単なようですが、意外に難しいものです。可能であれば、付き合いの長い友人や家族に自分の性格、物の考え方について尋ねてみるのも方法です。

仕事、子育て、家事など物事が思ったように進まないと感じたことは多くの人が経験しているでしょう。そのようなときに、柔軟に対応することができているでしょうか?自分の立てた最初のプランにこだわるあまりに、自分で自分の首を絞めるようなことをしていませんか。時には8割のできでもOKとする心の余裕が欲しいものです。

失敗やミスをしたときに、反省をすることは大事ですが、必要以上に落ち込んだりしていませんか?他人の期待に応えられなかったり自分の予想と違う結果が出てしまったりすればショックを受けがちです。

一時的に落ち込むことは当然ですが立ち直る心の切り替えも大切です。失敗もまた次の成功への活力だとするぐらい、前向きに考えることが理想です。

生活習慣の見直しもうつ病の予防に大切

うつ病にかかると療養と投薬による治療が基本になります。体をゆっくり休めながら、生活習慣の見直しも行っていきます。うつ病の予防や再発防止には普段から規則正しい生活習慣を保っていることが大切です。

食事はバランスが取れた献立を意識します。セロトニンの不足を予防するにはトリプトファンの摂取が欠かせません。トリプトファンとは魚や肉に多く含まれています。だからといって、決してトリプトファンだけを摂取すればうつ病にならないというわけではありません。セロトニンの代謝には他の栄養素も必要です。栄養のバランスを考えて食事をすることが大切です。

もちろん、きちんと睡眠を確保することも重要です。夜ふかしはできるだけ避けるようにして、決まった時間に寝るようにします。うつ病にかかっている人の多くが睡眠のトラブルを抱えていることからも、睡眠をきちんと確保することの大切さがわかります。疲労の回復やストレスの解消にも寝ることは大事です。

日光浴もうつ病予防には大切

太陽に合わせて生活をすることは人間の健康にとても大切なことです。人間の体に備わっている体内時計は24時間ではなく微妙にずれているといわれています。そのずれを太陽の光を浴びることで調整しているのです。

調整がうまくいかないと、睡眠や生活のリズムが狂ってしまい、ホルモンの分泌がおかしくなったり自律神経が乱れたり、うつ病のリスクが高まります。脳内のセロトニンの代謝にも太陽の光が影響しています。実際に、日照時間の少ない北欧の地域でうつ病患者が多いということが判明しています。

したがって、できるだけ太陽と共に生活する習慣を持つことが理想なのです。朝日を浴び、朝食をとることで体に朝が来たことを知らせ、寝るときには照明を暗くして体の混乱を避けます。寝る前にスマホやコンピューターの光を避けると自然な眠気を誘います。そうすることで質の高い睡眠にもつながるので、その日の疲れが取れてストレスの解消も期待でき、次の日にまた元気な生活ができるわけです。

うつ病の予防は生活習慣と考え方の見直しにある!

うつ病は特別な病気でなく、誰でもかかる可能性のある病気です。予防するには考え方や生活習慣の見直しがポイントになります。できるだけ物事に対して柔軟に対応ができるように心のゆとりを大切にしましょう。規則正しい生活とバランスの取れた食事はうつ病の予防にもとても有効なのです。太陽と共に生活するような意識で、できるだけ朝日を浴びるような生活をしましょう。

関連記事

おすすめ記事