自分に合ったメンタルヘルスの資格を選ぶポイント

精神疾患を患う人が増えるようになり、国もメンタルヘルスに力を入れ始めています。メンタルヘルスに関わる資格も増え、興味のある人も少なくないでしょう。手軽に取得できる資格から本格的に学ぶものまで多数存在します。今回は、耳にする機会が増えたメンタルヘルスについて、増えている理由や関わる資格について紹介しています。

メンタルヘルスを損ねる人が増えている

メンタルヘルスとは英語のMental Healthをそのままカタカナ読みしたもので、精神面における健康のことを意味します。体だけでなく、心もいきいきと生活することが日々の健康には欠かせないのです。精神面における健康とはストレスとの関係が深いとされていて、ストレスがたまりすぎると、精神面が不安定になってしまいます。

現代はストレス社会といわれるようになってきました。特に、終身雇用ではなくなり、派遣社員や契約社員が増えるといった働く環境の変化から職場におけるストレスも大きくなっています。ストレスの増大から精神面の健康を損ねて、休職をしたり、退職をしたりするケースが少なくありません。そういった背景から、国もメンタルヘルスのケアに注目するようになりました。今では企業に従業員のメンタルヘルスケアを行うことが義務付けられています。

カウンセラーの役割は高まっている

メンタルヘルスを損ねる人が増えるなか、メンタルヘルスのケアを行う人の役割は重要だといえます。カウンセラーの仕事はその1つです。カウンセリングといい、会話を通して相手の抱えている問題が何かを探ったり、その問題を解決したりすることがカウンセラーのアプローチの仕方です。

メンタルヘルスを健康に保つには、メンタルヘルスと関係の深いストレスをいかにマネジメントできるかがカギとなるでしょう。カウンセラーはそのサポートをすることが仕事の1つです。もちろん、精神科医師によって病気と診断された場合には、速やかに内服といった医師の指示する治療を始める必要があります。しかし、多くの場合、過度のストレスがかかると医師の介入が必要となる前に、徐々に精神状態が悪化していきます。カウンセラーは、この段階でうまく介入してストレスマネジメントを行い、心の病気へと発展することを防ぐことが大切です。

また、カウンセラーの仕事によっては、個人だけでなく個人が属する組織のストレスマネジメントを行うことも考えられます。職場の環境を把握して、良くない点は改善していくように働きかけるわけです。また、専門家の介入が必要だと判断した場合には、できるだけ早くに専門家からの援助が受けられるように配慮することも必要です。

メンタルヘルスに関わる資格は多数ある

メンタルヘルスに関わる資格は国家資格から民間資格まで含めると、かなり多くの種類が考えられます。資格によって、その役割が違ってくるので、勉強する内容も多少異なります。

主なものを幾つか簡単に紹介しましょう。「精神保健福祉士」は国家資格で、ソーシャルワーカーとして精神障害のある人の援助を幅広く行っています。同じく国家資格である「社会保険労務士」は労務管理を行うことが主な仕事ですが、労務管理の1つとしてメンタルヘルスケアにも関わります。「公認心理師」は比較的に新しい国家資格で、今後の活躍に期待されています。国家資格はそれなりに学問として勉強する覚悟が必要になるといえます。

国家資格でないものには、「産業カウンセラー」「メンタルヘルス・マネジメント検定」「ストレスチェックコンサルタント」「臨床心理士」などがあげられます。これらはごく一部です。資格によっては、「講習の受講が必要なもの」「自習ですむもの」「学歴が必要なもの」などと異なるので注意しなければいけません。

自分に合った資格を選ぶことが大事

上記において、いくつかのメンタルヘルスに関係する資格を紹介しましたが、関係する資格は他にも多数存在します。したがって、自分に合った資格を選ぶことが大切です。それぞれの資格の目的や意義をしっかり検討しなければなりません。

資格を選ぶときのポイントは、「まず資格をどのように役立てたいか」を考えることが重要です。例えば、自分自身や家族の精神面の健康を維持することが目的であれば、深く学ぶよりも手軽に学ぶことができる資格の方が適しているかもしれません。職場で従業員のストレスケアに役立てたいのであれば、マネジメントに重点を置いたものが役に立つと考えられます。本格的にカウンセラーとしてのキャリアを確立したいのであれば、学問としてきちんと学ぶことを考える必要があるでしょう。他にも、「通信教育で学ぶのか」「学校に通うのか」など、自分の生活スタイルや性格によって違ってきます。

将来どのように役立てたいかで選ぶ資格は変わってくる!

個人を取り巻く環境にストレスが増えるなか、精神面の健康、いわゆるメンタルヘルスが注目されるようになりました。国も会社にストレスマネジメントを義務付け、組織としてもメンタルヘルスについて考えなければならない時代になっています。そのため、メンタルヘルスケアに関係する資格は国家資格から民間のものまで多い傾向です。

興味のある人は資格を取った後に、「資格をどのように活かしていきたいと考えているか」「どのようなスタイルで学んでいきたいか」などを考えてみるとよいでしょう。自分に合ったものを見つけることで、メンタルヘルスに役立つ資格の取得につながるはずです。

関連記事

おすすめ記事