転職のストレスを和らげてうつ病を予防する

転職をすると職場環境が変わってしまいますから、誰しも少なからずストレスが生じてしまいます。ストレスはうつ病と深い関係にあるので、できるだけ最小限に抑えておきたいものです。転職によって生じるストレスとその対策を知っておくことは、うつ病の予防に役立ちます。また、うつ病の治療を行っている際の転職はどうするべきでしょう?

どうして転職でストレスを感じるの?

転職に踏み切る理由は人によってそれぞれですが、誰しも何かを良くするために、転職を考えるはずです。職場環境を良くしたい。収入アップを図りたい。家族との時間をもっと作りたい。例をあげたらキリがありません。
だからといって簡単に転職に踏み切ることができるかというと、なかなか難しいものです。特に、今の職場に大きな不満を感じているわけではないのであれば、多くは転職に躊躇するでしょう。転職をすると、新しい職場で一から上司や同僚との信頼関係を作り上げなければいけませんし、期待通りに仕事をこなせるか…という不安も抱くでしょう。そのように、転職にはそれなりのストレスがつきもので、決してストレスフリーなわけではありません。
また、転職に踏み切るまではもちろんのこと、転職後にストレスが大きくなることも考えられます。思っていたような職場環境になかったり、「人間関係」に悩む人も多く、特に上司との関係にストレスを感じたりすることが多いといわれています。

転職でのストレスを最小限にするには?

転職をしようと考えたら多少のストレスは覚悟をしなければなりません。しかし、うつ病の大敵であるストレスはできるだけ最小限に抑えたいものです。どのような対策を取ればよいでしょう。
・転職に集中できるように、生活の他の問題は解決しておく
転職にはストレスがかかるものですから、他にストレスの原因となるものを抱えている場合には、前もってきちんと整理をしておきましょう。家庭の問題、友人とのトラブル、などはできるだけ解決しておき、身体的ストレスもできるだけ少なくするために、生活習慣を整えることも大切です。できるだけ、転職に集中できる環境にしておきましょう。

・入念に転職の準備をして、余裕がある状態で転職に踏み切る
転職に限った話ではありませんが、前もって準備をしておくと、心に余裕ができて、ストレスを感じにくくなります。転職に踏み切る前には、入念に準備をしておくことが大切でしょう。転職コンサルタントやインターネットを上手に利用して、たくさんの情報を得るようにすると、いろいろなことに対する準備ができるものです。

・一人で悩まずに相談できる相手をもつ
転職コンサルタントに相談することもストレスを軽減させる方法の一つです。自分が望む職場や仕事内容をしっかり伝えておくことで、理想に近い職場に巡り合うチャンスは増えるでしょう。家族や友人、先に転職を経験した人など複数の相談できる相手をもつことは、揺れる気持ちを落ち着けるのに有効な場合がよくあります。

転職して、新しい会社にすぐになじめなくても、いたってノーマルと言えます。初めから完璧な自分や会社を求めるのではなく、少しずつ会社に慣れていけばよいというスタンスで、一歩一歩進んでいきましょう。1ヶ月や2ヶ月は上司や同僚とコミュニケーションを図る時期だと考えて、会社の人間関係作りから始めてみてはいかがでしょうか。

うつ病治療中患者に転職は有効か?

うつ病だと診断を受けて治療を開始している人のなかにも、転職を希望する人は少なくないかもしれません。職場環境にストレスの元凶があるというのであれば、なおさらでしょう。しかし、うつ病の治療中にあるということは、脳の機能が低下しているおそれがあります。重大な決断を治療時期に行うことはできるだけ避けたほうが無難でしょう。正しい判断ができずに、後悔してしまうことがあるからです。
転職そのものに多少のストレスが生じるので、心身が万全の状態でないときに、新たなストレスを持ち込むことは、うつ病の症状を悪化させてしまうおそれも出てきます。例え転職がうまくいっても、新しい職場環境に慣れるためには更なるストレスが待っています。体調が万全であれば超えられたストレスも、うつ病の治療中であるために、辛く感じてしまうこともあるでしょう。また、うつ病治療中に無理して行った転職がうまくいかなかったり、新しい職場環境に耐えられなかったりしたことが挫折感になることも考えられます。うつ病の治療が終わってから、転職を行っても必要以上に緊張してしまうかもしれません。うつ病の症状や自身の環境は千差万別です。状況によって一概にはいえませんから、転職や求職をうつ病の治療中に希望する場合には、まずは主治医に相談してみることをおすすめします。

転職は入念にした準備をしてからが望ましい

転職時には少なからずストレスを感じてしまうものです。できるだけ転職時のストレスを小さくするためには、入念に下調べを行い、転職に集中できるように生活習慣を整え、相談相手をもつことです。そうすることで、うつ病に関係が深いとされているストレスを小さくできるので、うつ病の予防につながります。しかし、実際にうつ病の治療を行っている最中の人は、焦らないように注意しましょう。主治医と相談をして、転職をするタイミングを探りましょう。

関連記事

おすすめ記事