高血圧の人はうつ病になりやすい!?その理由と対処法、注意すべき生活習慣

 

 

数ある生活習慣病の中でも、最も多い病気が高血圧です。高血圧は重篤な心臓病や脳卒中のリスクを高める要因であるだけでなく、うつ病にもなりやすいことも分かってきました。また、血圧を効果的にコントロールするためには、うつ病の治療も必要であるともいわれています。ここでは、高血圧とうつ病の関係性やその治療法、注意すべき生活習慣などを紹介します。

 

高血圧がうつ発病の原因に?その理由とは

高血圧とは、正常値よりも高い血圧が持続する状態を指します。高血圧の診断基準は、収縮期血圧140mmHg以上または拡張期血圧90mmHg以上です。高血圧状態が長期に渡ると、血管に大きな負担がかかるため血管の硬化や劣化を招いて、脳卒中や心臓病といった重篤な病気のリスクを高めます。

 

高血圧がうつ発病の原因になるといわれている理由は複数あります。そのなかには、高血圧治療に用いられる降圧薬に不眠や意欲低下、倦怠感、憂鬱気分といったうつ状態を引き起こす副作用があることが挙げられます。

 

また、高血圧を引き起こす原因の多くがうつと一致することも大きな要因です。高血圧のある人がうつを発症すると、ストレスや不安、緊張などによりさらに血圧を高めてしまうことも多く、うつ病が高血圧治療の妨げになってしまうことも少なくありません。

 

高血圧はなぜ起こる?

高血圧を引き起こす原因はさまざまあり、代表的なものに塩分の過剰摂取が挙げられます。塩分を摂りすぎてしまうと、心臓から出る血液量が増えて血圧の上昇を招いてしまいます。このほか、喫煙や飲酒、運動不足や肥満、ストレスなども高血圧発症の原因となります。これらの原因の多くが、うつ病発症のリスクを高めることにも繋がります。

 

また、高齢になると血管が脆く硬くなるために高血圧を発症しやすくなり、うつ病のリスクも同時に高まります。高血圧治療薬による副作用だけではなく、身体機能の低下やそれに伴う気力の低下、身近な人との死別など、うつ病の要因となり得るものは少なくありません。

 

高血圧と密接に関係しているうつ病。治療法は?

高血圧にうつ病を併発すると、うつ病がない場合に比べて心不全の発症率が2.5倍も高まるといわれています。また、うつ病により不眠状態になると血圧が不安定になりやすいため、高血圧治療の効果が得にくくなってしまうともいわれているのです。うつ病により高血圧治療への意欲が低下し、高血圧治療薬の服用がおろそかになったり、食生活が乱れたりすることも高血圧治療の妨げになります。

 

このように、うつ病と高血圧は密接に関係しています。高血圧治療を受けていても血圧が安定しない場合は、うつ病を疑って専門医を受診することが大切です。高血圧治療の効果を高めるためにも、うつ病を放置せず適切な治療を受けるようにしましょう。

 

ストレスを溜めない生活のヒント

高血圧治療の効果を高めるためにも、まずうつ病を改善することが大切です。ストレスはうつ病を悪化させる大きな原因になるため、日常生活でもできるだけストレスを溜めないように心がけましょう。ここでは、日常生活の中で注意したい、ストレスを和らげるためのポイントを紹介します。

 

ストレスを溜め込まないために、まず注目すべきは生活習慣です。不規則な生活スタイルによる睡眠不足、乱れた食習慣などは、すべてうつ病の悪化に繋がります。睡眠時間をしっかり確保し、1日3食栄養バランスの整った食事を摂り、適度に休息を取るだけでもストレスは緩和します。

 

また、自分なりのリラックス方法を見つけておくのも良い方法です。好きな音楽を聴く、ゆっくり湯船に浸かるなど、心と体を休める時間を作るようにしましょう。生活習慣の見直しは、うつ病だけではなく高血圧の改善にも繋がります。塩分やアルコールの過剰摂取、喫煙をできるだけ控えることが大切です。

 

また、高血圧の原因ともなる運動不足を解消するために、適度な運動を生活の中に取り入れるのも良いでしょう。運動に集中すれば余計なことを考えずに済みますし、ひと汗かくことで清々しい気分になりストレスが発散されます。他人と自分を比較するのをやめる、困ったときは人に頼るなど、少し考え方を変えるだけでも心が楽になることもあります。自分なりのストレス解消法を生活に取り入れ、無理しない生活を心がけていきましょう。

 

うつ病が高血圧治療の妨げに!早めに専門医に相談しよう

高血圧を引き起こす要因の多くは、うつ病の原因にもなり得るものです。また、うつ病が原因で高血圧治療の効果が出にくくなるケースも少なくありません。もし、高血圧治療を行なっているにも関わらず、期待する効果が得られない場合は1度うつ病を疑って心療内科や精神科を受診するようにしましょう。

 

病院で相談するだけではなく、高血圧やうつ病の改善のために自分なりにできることを生活の中に取り入れることも大切です。不規則な生活による睡眠不足や偏った食生活、運動不足による肥満、ストレスなどは高血圧だけではなくうつ病発症のリスクを高めます。いくら薬物治療を行なっても、生活習慣により治療効果が得られにくくなることも多いのです。少しずつでも生活習慣の改善を行いながら、高血圧やうつ病改善に向けて取り組んでいくよう心がけましょう。

 

関連記事

おすすめ記事