男性の「産後うつ」は、父親としての役割を担って予防!

 「産後うつ」とは、子供を出産したあと、ホルモンバランスの乱れや子育てのストレスから発症することのあるうつ病です。
女性に多くみられるうつ病で、出産を経験する女性の約3割がかかるといわれています。
しかし、産後うつは女性だけではなく、男性にも発症の可能性があるとわかっています。
産後うつにかかってしまう男性は約1割。
女性に比べれば少数ですが、決して無視できる数字ではありません。
ここでは、男性が産後うつにかかってしまう理由やその対策についてご紹介します。

さまざまな原因で男性の産後うつは発症する

女性の病気だと思われがちな産後うつですが、男性が発症するケースもあります。男性が産後うつを発症するリスクが一番高いのは、子供が生まれて3~6カ月の間です。アメリカの研究によると、この期間の父親の約26%にうつ病の症状がみられたといいます。
このときのうつ状態のことを、マタニティブルーに対して「パタニティ(父としての)ブルー」と呼びます。このパタニティブルーが悪化してしまうと、本格的な産後うつへと発展してしまいます。

女性の産後うつは女性ホルモンの乱れが大きく関係していますが、出産をしない男性にはその可能性はありません。男性の産後うつには、以下のような理由があるといわれています。

生活が急激に変化する

女性は約10カ月間、お腹の中に子供を宿し、成長していく実感を得られるので、子供を迎え入れるための精神的な準備を少しずつ整えることができます。しかし、男性の多くは我が子をその手に抱くまで実感を得られないため、子供中心の生活へのシフトに戸惑いを覚えるといいます。そして、急に実感する「子供を育てていかなければならない」という責任や不安から、産後うつを発症してしまうといわれています。

孤独感を覚えてしまう

妊娠から出産後しばらくは、周囲の人の関心が母子へと向けられることが多くなります。子供の誕生は喜ばしいことですし、出産に関しては女性が苦労をするので仕方のないことですが、それで孤独感を覚えてしまう男性もいます。また、出産後しばらくは授乳などで母子のつながりが強く、そこに入りきれないと感じる男性もいます。こういった孤独感から、産後うつを発症してしまうケースもあるのです。

仕事への不安やパタニティハラスメント

育児休暇や育児短時間勤務制度を利用し、育児に参加することで、仕事に影響が出てしまうのではと心配してしまう男性もいます。また、育休や時短制度を利用することにより職場で孤立してしまうのではないかと心配したり、実際に孤立してしまったりしてストレスとなってしまう場合もあります。
会社が従業員に育休や時短制度を利用させないようにする、「パタニティハラスメント」も問題視されています。パタハラを受けたがゆえに育休取得を諦めてしまい、ストレスが蓄積されてしまうケースもあります。

母親が父親の役割をみつける

男性が産後うつにかからないためには、パートナーである母親が父親としての役割をみつけることが大事です。
「父親が母親の育児を助け、負担を和らげるべき」と、よくいわれます。しかし、上述したように父親が母子の間に入れず、孤独感を覚えてしまう場合もあるのです。また、突然父親になったという感覚から自身の役割をみつけられず、立ち往生してしまうこともあります。

そんなときは、母親の方から頼み事をしてみましょう。その際は、命令口調で言うのではなく、「~してくれると助かるわ」といったように頼ります。そして、「~してくれてありがとう」といったように感謝の言葉を伝えましょう。そうして頼れる父親像を作ることができれば、男性は父親としての自信をつけることができます。

頼れる父親像を作る方法として、沐浴があります。沐浴は父親にとって子供と触れ合える貴重な時間なので、積極的に任せてみましょう。そうすれば、パタニティブルーになることなく、産後うつのリスクも減らすことができます。

まとめ

このように、男性でも発症する可能性のある産後うつ。しかし、パートナーである母親が頼り、役割をみつけることで、父親の産後うつを予防することができます。そうして一緒に子育てをすることができれば、母親の育児ストレスも減り、母親の産後うつも予防することができます。

関連記事

おすすめ記事