うつ病ライブラリーDEPRESSION LIBRARY

うつ病の治療

うつ病で受診をする前に、
治療について
知っておきたいことや
心構えをお伝えします。

診察前【家族の同伴が重要な理由】

うつ病の治療には、家族の協力が必要不可欠です。
特に、初診での家族の同伴はとても大切な役割を果たします。
うつ病にかかった本人からの情報だけではなく、家族からの客観的な情報や意見があると、担当の医師はより的確な診断ができるからです。
家族からの最適なサポートがあると、うつ病の治療はより良い方向へ向かいます。
家族が同伴することのメリットと、より正確な情報を医師に伝えるために家族ができることをご紹介します。

家族の同伴なぜ必要

初診で家族の同伴が必要な理由は、先にも述べたように医師の診断がより的確になるからです。専門の医師といっても、うつ病の方が初めて会う人に最初から心を開くことは極めて少ないです。そのため、本人が医師の質問にきちんと返答できず、診察がスムーズに進まないこともあります。家族に求められる役割とは、本人と患者との橋渡しです。家族であれば、本人の家庭での様子を近くでみているので、本人の状態を医師に伝えることができます。

初診で本人の口数が少ないと診断材料が十分に揃わず、医師は正確な判断ができません。それを補う意味でも、家族が本人の様子を医師に伝えることは、滞りがちな初診をスムーズに進めることにも繋がります。

また、家族の同伴は口数の少ない本人をサポートするだけではありません。家族の客観的な視点が、本人ですら気づいていない事実を発見することがあります。本人をとりまく環境の変化や人間関係のストレスなど、知らず知らずのうちに本人の心と体のプレッシャーになっていたことに家族が最初に気づくケースも少なくありません。そういったことを家族が医師に伝えることは、本人がうつ病になったきっかけを知る手がかりにもなります。

そして、家族が問診に同伴することで、診断結果やこれからの治療をどう進めていくかを医師から直接聞くことができます。うつ病にかかった本人は正しい判断応力が失われています。そのため、家族が本人の代わりに医師の話を聞くことが大切になってきます。

家族ができるコト注意したいコト

家族が正確な情報を医師に伝えるために、初診に同伴する前にできることがあります。それは、本人の日頃の様子をメモにまとめておくことです。明らかにいつもと違う本人の様子や、極端にネガティブな言動が見られたときなど、違和感を覚えた点をあらかじめメモにまとめておくと、同伴したときに医師に本人の状態を詳細に伝えることができます。簡単なメモでも効果はありますが、詳しければ詳しいほど医師の診断の役に立ちます。

家族が初診に同伴するときに気をつけたいことは、あくまで本人をサポートする立場だということを忘れないことです。うつ病にかかった本人が心配で、できる限りのサポートをしたい気持ちは家族なら当然です。しかし、家族の過度なサポートはかえってうつ病の治療の大きな妨げになります。本人の意志を尊重しながら治療を進めることが、うつ病の改善への大きな一歩になります。

まとめ

担当の医師に初めて会う初診では、うつ病を患っている本人の口数が極端に少なくなることが多く、問診が成り立たないケースが多いのです。そのとき、家族の同伴が重要になります。

本人の日頃の様子を知る家族だからこそ、医師に本人の近況を伝えることができます。家族が医師に本人の状態を詳細に伝えることで、医師はより的確な診断ができます。

また、同伴することによって本人の代わりに診断結果を聞いたり、医師と今後の治療の進め方を話し合うことができます。

それだけではありません。家族の同伴は、本人が医師との信頼関係を築けるように橋渡しのような役割を果たします。実務的なことから心理的なことまで、家族の最適なサポートはうつ病の回復を良い方向へと導くのです。